火葬した後の遺骨は、お墓へと埋葬するのが一般的です。

納骨は法律上いつ行っても問題はありませんが、

会津では昔から四十九日法要で納骨を行うケースが多数を占めております。

法要後すぐに納骨ができますよう、

当店従業員が法要中に納骨堂の拝石(蓋となっている石)を開けてお待ちしています。

納骨後、拝石を閉め、お参りが一通り済みましたら、

セメントやコーキング材などで拝石の目地を埋めます。

 

費用は税込10,000円となっております。

 

 
             
     

当店では亡くなった方の戒名・諡の追加彫りもお受けしております。

彫刻用の機械を墓所まで運び、現地で追加彫りを行います。

墓所に機械を搬入できない等の理由で作業ができない場合は、

一度墓誌を取り外して工場へ運び、追加彫りをした後、墓誌を墓所へ設置し直します。

 

戒名・諡の追加彫りのご依頼の際には、

追加彫りする方の戒名、亡くなった年月日、俗名、年齢(数え年)をお知らせください。

彫刻後の修正は別途費用がかかりますので、ご連絡の際には戒名の漢字や年齢など御間違いのないよう宜しくお願いいたします。

 

費用は税込35,000円となっております。

             
     

 

 

 

納骨、戒名の追加彫りのご依頼にあたりまして、現地確認は、お客様にお立会いいただいての確認が最良ではございますが、仕事が忙しい、遠方に住んでいて気軽に来れないなどの事情がございましたら、当店従業員のみでお墓の確認をして、写真を撮り、お間違いないかの確認をして、納骨の日に備えるという方法もございますので、お気軽にお申し付けください。

 

従業員のみで現地確認となる場合には、お墓のおおまかな場所が分かる情報(寺院名、霊園名、区画番号、目印、石碑に彫られている文字等)をご用意いただけますと大変助かりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。