「県外に住んでいてお墓参りが大変」「高齢になり、子供の住む都会に引っ越す」「後継ぎがいない」等の理由で墓参りが負担になってきた方には、既存のお墓を撤去して新たな納骨先へと遺骨を移す

『墓じまい』という選択肢がございます。

 

当店では、墓じまいにおける墓石の解体・撤去・処分や、墓じまいに必要な手続きの代行もお受けしております。

 

費用につきましては、墓石の立地条件やお墓の大きさによってバラつきが生じます。

お見積もりは無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

      - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
     

 

 

また、墓じまいをするには墓地埋葬法で定められた手続きが必要となっております。

 

遠方にお住まいの方は、必要書類を揃えて計画的に手続きを行わなければ二度手間・三度手間となり大変な労力がかかりますので、下記を参考に計画を立てていただければと思います。

 

 

 

まずは新たな納骨先を見つけなくてはなりません。

新たな納骨先が確定しないと、役所から「改葬許可証」を発行してもらえないからです。

 

そして、墓地管理者に改葬の希望を申し出て、許可を得ます。

新たな納骨先から、「離壇証明が必要」と言われる場合もあるので、その際は離壇証明も発行してもらってください。

 

 

次に改葬許可証の手続きです。

 

改葬許可証は現在お骨のある墓地または納骨堂の所在地の市町村村役場にて申請をし、発行してもらうことになります。

 

市町村村役場によって必要書類に多少の違いはありますが、会津若松市を例にすると、

 

 

 

申請には、「改葬許可申請書」が、死亡者1名につき1枚必要となります。

申請書は、会津若松市役所に電話をすれば郵送してもらえるので、遠方の方でも手に入ります。

 

申請書に必要事項を記載し、現在の墓地の管理者に、申請書の下部に埋蔵、収蔵の証明を受けてください(申請書とは別に証明書として受領しても大丈夫です)。

 

現在お骨のある墓地の使用者が貴方以外の方であれば、墓地の使用者に承諾を受け、申請書の下部に署名、押印してもらってください(申請書とは別に承諾書として受領しても大丈夫です)。

 

 

 

また、申請書には必要とされる添付書類があります。

 

①亡くなった方の当時の本籍が会津若松市以外にある場合には、死亡記載のある除籍謄本

 

②また、新しく改葬する場所を確認するために、受入証明書等のコピー(受入証明書が発行できない場合には、パンフレットや封筒など、改葬場所の正式な名称と所在地を確認できるもののコピー等でも大丈夫です)

 

③申請書の住所と本籍を確認するため、会津若松市以外の方は住民票(続柄、本籍の記載があるもの)

 

 

これらの申請書と添付書類を揃えて市役所の市民課で手続きを行ってください。

改葬許可証の発行には1~2日かかります。

 

 

以上のことが済めば、閉眼供養をし、お骨の取り出し、お墓の解体・撤去・処分を石材店にお願いし、墓じまいとなります。